単身赴任のメリットとデメリットとはどんなものか?

単身赴任のメリットとは?

単身赴任のメリットとは、一概には言えないものの、やはり妻や子供の食環境・通学環境を変えることなく、自分だけが引越して、家族に環境変化を与えずに済むことであると言えます。

単身赴任のデメリットとは?

単身赴任のデメリットとは、やはりそれまでは妻が夫・子供の体のことをよく考えて食材の安全性まで考えて食事を作ってくれていた環境であった場合、その環境から離れることにより、自分で健康問題や添加物問題・栄養価等を考えながら食事を作らなければならない点です。そして、それに連動して自分の趣味などにかけられる時間も減少してしまいます。そして、忙しくてどうしても自炊する時間がないとなると、その場合は最悪1日3食すべてが外食や中食という形になってしまいますが、もし添加物たっぷりであまり体によくないと言われているコンビニの弁当やパンなどで365日ほぼすべての3食を済ますことになってしまうと、それがきっかけでガンをはじめとした成人病にかかってしまうことも十分に考えられますので、本当に気をつけなければなりません。

単身赴任生活での食事面で気をつけること

食品添加物や遺伝子組み換え食品等は、体への悪影響を甘くみてはならないものです。なので、美味しさだけを競い合っていて人の健康などあまり考えていないような業界の既製品は極力手を出さないことが重要で、妻のアドバイスをよく聞いたり本を読んだりして、忙しい場合は簡単・時短料理でも構わないので、自分で食材を選んで安全な調味料で味付けをし、面倒でも自炊をする食生活がおすすめです。

食をバカにしてはならない

人体とはわずか2年ですべての体の細胞が入れ替わるもので、間違いなく食べたものが自分の体を作ります。なので、日々の食事の体への影響は決して軽視してはなりません。

単身赴任の家具は、デザインより価格で選ぶといいです。ほとんどの場合、数年でまた移動となるので、家に持って帰るわけにもいきません。その時に役目を終えたという意識で処分できるような安い物で十分です。

Related Posts